ブログ

岐阜県の歴史

岐阜県って日本列島の真ん中に位置するだけあって
日本の歴史にたくさん登場します。
思いつくもので古いものから、まずは
日本武尊 ヤマトタケルノミコト
東征を終えた後、伊吹山の神の毒気にあたって亡くなってしまいます。
関ケ原鍾乳洞の入り口にある「玉倉部の清水」は日本武尊が飲んだものです。

次に壬申の乱(西暦672年)の舞台のひとつである不破の関
これも現在の関ケ原です。
乱のあと天武天皇となる大海人皇子が兜をかけたという兜掛石や
兵士に桃を配って快勝したという桃配山があります。

土岐氏、多治見氏は室町時代の有力な武家です。

織田信長は岐阜の名付け親、岐阜城を天下布武の拠点にしました。

明智光秀は土岐氏一族の流れを汲みます。

徳川家康は関ケ原の戦いで縁起をかついで桃配山に陣をはります。

松尾芭蕉の奥の細道の終点は大垣です。

すぐ思いつくだけでも
岐阜県は歴史的にも重要な場所だったことがわかります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 2020.06.25

    志波彦神社
  2. 2020.06.10

    芝彦の所在地
  3. 2020.06.3

    岐阜県の歴史

カテゴリー

PAGE TOP